結婚式での服装や身だしなみ

結婚式に招待された場合の服装は、まず主役である新郎新婦を引き立てることのできる装いをしましょう。
また、時間帯や場所、主催者との関係に応じて適切な服装は変わってきますので十分に考えて選ぶ必要があります。
男性はブラックスーツやディレクターズスーツなどの洋装にするのが一般的ですが個性を出したい場合はタキシードでも良いです。
ネクタイは白を選ぶのが一般的ですがシルバーグレイや白黒のストライプタイを着用したり、夜のパーティーならば蝶ネクタイなどもよいでしょう。
ハンカチーフなどを胸ポケットに入れてもお洒落に見えますし、カジュアルなパーティーならば色付きのネクタイでも可です。
コサージュや小物で個性を出したりシャツを色付きの物に変えるのもよいです。
靴はいずれもシンプルな物を。
女性は和装にしようか洋装にしようか迷うところ。
和装の場合、中振袖や訪問着を選ぶのが無難です。
お色直しで新婦が和装をする場合、雰囲気がかぶってしまわないように配慮する必要があります。
バッグは洋装のものを兼用してもOKですしピアスは小さめの物の方が良いです。
髪型は和装の場合シンプルにまとめたほうが着物が生えます。
洋装の場合、黒のドレスは一色だけだと弔事を連想させるのでコサージュや小物で華やかさをプラスさせます。
しかし一連のパールのネックレスは同じく弔事を連想させてしまいます。
また、新婦とドレスの色がかぶってはいけないのでその点も注意し、白やベージュは避けたほうがよいです。
ミュールなどつま先を出す足元や、臭いのきつい香水、ファーなどの毛皮もNGです。
胸元や背中がざっくりあいたデザインも避けましょう。
夫婦で参加する場合の決まりは特にありませんが、二人の格を合わせる必要があります。
共通点のある服装にすると素敵かもしれません。
気をつけなければいけない点はいくつかありますが、それらをクリアすれば個性的なファッションを楽しむことができます。